ED治療薬の併用は危険か

バイアグラをはじめとするED治療薬は、男性の勃起不全に効果があるため非常に人気があります。
しかし、誰でもが服用できるというわけではありません。
例えば過去にバイアグラなどを服用してアレルギーを起こした人、心血管系の障害により性行為が不適当と診断された人、重い肝障害のある人、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞を起こしたことのある人などは服用してはいけないのです。
これらの症状に思い当たる人は、必ず医師の診察を受けて判断を仰ぐ必要があります。
また大量に飲酒する人も服用は避けた方が賢明です。
これらとは別に、ED治療薬の併用は危険かどうかという問題もあります。
一般的に薬には飲み合わせが悪い場合がありますが、ED治療薬の場合も当てはまります。
最悪の場合は死に至ることもあるので注意が必要です。
例えばバイアグラは、塩酸アミオダロン製剤や硝酸剤を併用すると、角に血圧を下げてしまう危険性があります。
硝酸剤というのは、飲み薬だけでなく舌下錠や貼り薬や吸入薬、塗り薬などにも使用されているので注意して下さい。
バイアグラ以外のED治療薬にも併用禁止の薬がありますし、勃起不全が治らないからと言って複数のED治療薬を併用するのも非常に危険です。

関連記事